現場のチカラ


私は、地方の生産者や零細メーカーの方々から中央の官僚や大企業の方々まで、一緒に活動する機会を随分と多く体験させて頂きました。そういう中で、何をするにしても「現場のチカラ」は大きいものだと感じてきました。では、現場のチカラとは何なのでしょうか?

現場では、これを一つすれば上手くいくというようなものではなく、幾つかの組み合わせや達成度合いの加減が必要であったりします。”全体最適“の視点と行動、その傾向は益々強くなっているように感じます。

何があろうと、最終的に現場で解決するしかないのですが、どう解決するかはすべてオリジナルなのです。(汚いたとえで申し訳ありませんが、)血のしょんべんを流す勇気のない人間は最初からやらない方がいいとさえ思います。

現場のチカラ・・・

コロナ禍の今こそ、今一度心して考えた方が良いと思います。