「地域の未利用資源をお金と雇用に変える」

ハイテクを生かす力の源はローテク

私達は、「ハイテク=善、ローテク=悪」のような思考に陥りがちです。何事もない日常ではハイテク程役に立つものは有りません。しかし、災害や障害があるとハイテクは意外に弱いものです。そのような時にはローテクでなければ対応出来ない場合も多いものです。

今般のコロナや世界各地に起こる自然災害など見ていると、今後は益々、ローテクとハイテクの組み合わせ(バランス)が重要になってくると考えます。ローテクの主戦場は、地域や地方にあります。ローテクでなければ出来ないモノや地域でなければ手に入らない素材など、ハイテクを生かすためには、これまで以上に地域の資源が重要で入手困難な時代になるのではないでしょうか?

そこで、ローテク若しくはローテク的目線(低目線)から世界の色々な地域にある未利用資源を生かして、私達の社会に役立つ素材(モノ)として提供したいと考えてます。

※未利用資源とは…自然界に存在する全ての中で、今だ生かされずにいるモノ